ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt」3月号「特集:鉄道車両」発行!

bmt3bmt3 ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt(ベアリング&モーション・テック)」の第5号となる2017年3月号が3月24日に小社より発行された。
 今号の特集は「鉄道車両」と題して、鉄道車両業界における課題と取組みについて概観するとともに、鉄道車両の検査周期の延伸といった各種ニーズと、それらに対応した主電動機や車軸などにおける軸受や潤滑剤(グリース)の長寿命化技術を含む各種技術について、取扱い、使用寿命の延伸の取組みなどをまじえて広く紹介している。また、キーテク特集として、軸受など機械要素の性能向上や耐久性向上、静音化などの機能性向上に貢献する「グリース技術」を取り上げている。

NTN、2万回転対応のプーリ用軸受を開発

プーリ用軸受プーリ用軸受 NTNは、軸受内部の設計および構成部品の最適化により、外輪回転で1分間に20000回転(20000min-1、同社従来品比約1.3倍)まで対応可能なプーリ用軸受を開発した。
 開発品は、5月24日~26日に横浜市のパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2017」の同社ブースで展示される。