ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt」11月号が25日に発行

bmt2016年11月号表紙 ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt(ベアリング&モーション・テック)」の第3号が11月25日に小社より発行された。今号の特集は「航空機」と題して、国産初のリージョナルジェット旅客機の先進技術や開発状況、ジェットエンジンの軸受不具合を未然に防止する潤滑油の先進モニタリング技術、軸受応用技術のトラクションドライブ式変速機を利用した航空機用発電機の技術、過酷な条件下で使用されるジェットエンジン用軸受における信頼性向上のための技術対応などについて紹介している。
 また、キーテク特集では、様々な問題を多方面にわたりシミュレートすることで試作や実験の回数を減らすなど、ものづくりでの研究・開発工程の効率を高める解析事例を紹介している。

会場 日本機械学会・関東支部は3 月16 日、17 日の両日、東京都葛飾区の東京理科大学葛飾キャンパスで、「第23 期 総会・講演会」(大会委員長:東京理科大学・山本 誠氏、実行委員長:同・佐々木信也氏)を開催した。「トライボロジーの基礎と応用」や「機能性コーティングによる表面改質技術」などオーガナイズドセッション15テーマとワークショップ「熱流体工学研究の最前線」1テーマの計16テーマで約300件の発表が行われた。

発表を行う大久保 博司社長(左)と大橋啓二常務(右) NTN( http://www.ntn.co.jp/ )は3月8日、大阪府・京町堀の本社ビルで来年3月1日に迎える創業100周年に向けて、これまでの事業と今後の概要について発表した。

会場 日本トライボロジー学会 第3種研究会「メンテナンス・トライボロジー研究会」は3月8日、東京・神楽坂の東京理科大学で、「メンテナンス・トライボロジーの軌跡と次なる飛翔をめざして」をテーマに「創立30周年記念シンポジウム」を開催、約100名が参加した。