ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt」3月号「特集:鉄道車両」発行!

bmt3 ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt(ベアリング&モーション・テック)」の第5号となる2017年3月号が3月24日に小社より発行された。
 今号の特集は「鉄道車両」と題して、鉄道車両業界における課題と取組みについて概観するとともに、鉄道車両の検査周期の延伸といった各種ニーズと、それらに対応した主電動機や車軸などにおける軸受や潤滑剤(グリース)の長寿命化技術を含む各種技術について、取扱い、使用寿命の延伸の取組みなどをまじえて広く紹介している。また、キーテク特集として、軸受など機械要素の性能向上や耐久性向上、静音化などの機能性向上に貢献する「グリース技術」を取り上げている。

18091802NTN NTNは、本年3月1日に創業100周年を迎えたことを契機に、従業員満足や働く意欲の向上を目的として、国内の製造・研究開発拠点で着用するユニフォームを50年ぶりに刷新する。本年10月より国内各事業所で順次導入を開始し、2019年4月からは新ユニフォームへ完全移行、約6,000人の従業員が着用する予定。

18091801イグス イグスは、滑らかで静⾳化が図れ、簡単に無潤滑のすべり動作が可能になる裏⾯粘着剤付きのしゅう動テープ「トライボテープ」について、一層の寿命向上を目的に改良を図った。新しい接着剤により、シートは一段と高い粘着性を発揮、よれたり剥がれたりせずに⻑期間使用できる。新接着剤はFDA準拠のため、食品関連分野での使用にも適している。

180911SKF SKFは、潤滑遠隔モニター「LRM2」を発表した。オイル潤滑またはグリース潤滑に対応するこのモニターは、アプリケーションの性質や設置場所により日々確認が行えない潤滑システム向けに設計された。