ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt」1月号「特集:風力発電」発行!

bmt2017年1月号sbmt2017年1月号s ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt(ベアリング&モーション・テック)」の第4号となる2017年1月号が1月27日に小社より発行された。

 今号の特集は「風力発電」と題して、風力発電機における風力有効利用率を高めるためのマルチメガワット風力発電装置や洋上風力発電装置といった技術トレンドと、それらを実現する要素技術となる軸受や増速機、それらを円滑に稼働させるための潤滑技術など、可動部の技術対応や、国内において風力発電の安全性・信頼性を高め市場拡大につなげるための風力発電設備の定期安全管理検査制度の確立などについて、広く紹介している。

EMGルブリカンツ、試験機の安定稼働のための油圧作動油の独自技術を提案

170926EMGルブリカンツ02170926EMGルブリカンツ02 EMGルブリカンツは、9月13日~15日に東京都江東区の東京ビッグサイトで開催された「TEST 2017[第14回総合試験機器展]」に出展、試験機器を長期にわたり安定稼働させるためのMobilTMの油圧作動油の独自技術を紹介した。他社製品の多くがタービンオイル型の設計思想をとる一方で、Mobil製品は「キープクリーン性能」を謳ったエンジンオイル型に非常に近い設計思想をとっているため、作動不良を引き起こさない、試験機器に最適な作動油であることをアピールした。