ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt」3月号「特集:鉄道車両」発行!

bmt3 ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt(ベアリング&モーション・テック)」の第5号となる2017年3月号が3月24日に小社より発行された。
 今号の特集は「鉄道車両」と題して、鉄道車両業界における課題と取組みについて概観するとともに、鉄道車両の検査周期の延伸といった各種ニーズと、それらに対応した主電動機や車軸などにおける軸受や潤滑剤(グリース)の長寿命化技術を含む各種技術について、取扱い、使用寿命の延伸の取組みなどをまじえて広く紹介している。また、キーテク特集として、軸受など機械要素の性能向上や耐久性向上、静音化などの機能性向上に貢献する「グリース技術」を取り上げている。

180523NTN NTNは、ハブベアリングにタイヤの転舵角度を調整する機構を組み合わせ、業界で初めて前輪に搭載可能なステアリング補助機能付ハブベアリング「sHUB」を開発した。

180516イグス イグスは、金属製ベアリングからの置換として、潤滑剤不要でメンテナンスフリーで使用できる高性能樹脂「イグリデュール」製の球面ベアリング(写真の右部分)「イグボールJEM-SP」を開発した。標準的な金属製ピローブロックに直接組み込みが可能で、潤滑剤を使用しないため、汚れや不純物がベアリングに固着せず、保守のためのダウンタイムを回避できる。

180507ttrf 大豊工業トライボロジー研究財団(TTRF)と大豊工業は4月18日、「TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2018」を開催した。今回は「Tribology Technologies for the Evolution of Powertrain」のテーマのもとで開催され、160名が参加した。