2018年3月号

bmt1803月号表紙s特集:産業用ロボット
人と協働可能な産業用ロボット:緑のロボット/人協働ロボットの開発~どこでも、いますぐ、かんたんに。みんなと一緒に、働くロボット~/パラレルリンク型高速角度制御装置のロボットへの展開/ロボットにおける直動システム・クロスローラーリングの技術と適用/ロボットにおけるモーション・プラスチック技術の適用/風力発電技術の最近の課題と取組み

キーテク特集:計測評価技術
転がり軸受の計測評価技術の最新動向/転がり軸受の潤滑評価と振動摩擦摩耗試験

180711NTN NTNは、薄型、軽量、高精度な角度検出センサシステムを構成できる「ラジアルタイプ」の「複列磁気リング」に、新たに開発した「アキシアルタイプ」を追加し本年7 月から量産を開始する。ロボットメーカーなどに対し、ロボット関節部の角度検出のためのエンコーダなどへの適用を提案、2020年度に1億円/年の販売を目指す。

180703イグス イグスは、⻑年にわたり自社試験施設でのテスト結果から製品の寿命予測を⾏いオンラインツールで提供してきたが、このほどオンラインツール「イグリデュール・エキスパートシステム」の機能を用いることで、3Dプリント製のすべり軸受についても寿命予測を可能にした。

18071401PBSA総会 日本滑り軸受標準化協議会(PBSA)は6月27日、東京都千代田区の学士会館で「2018年度 第1回総会(通算 第27回総会)」を開催した。今回は役員の改選があり、オイレス工業・上席執行役員 研究開発部長の林洋一郎氏がPBSA新会長に就任した。