NSK、フリクションを約30%低減した二輪車ホイール用玉軸受

NSK「低フリクション玉軸受」 日本精工( http://www.jp.nsk.com )は、軸受のフリクションを約30%低減、低燃費化を可能にする二輪車ホイール用「低フリクション玉軸受」の開発した。主に二輪車市場が急拡大している新興国向けに投入し、2015年にグローバルで年10億円の売上を目指す。

 同品は、二輪車のホイール用に特化した専用設計として、シールリップの長さと厚さ、形状を最適化し、摩擦損失の低減と密封性の維持を両立した。シールリップ接触部の反力を半減することで、軸受のフリクションを約30%低減。また、シールリップ接触部の接触面圧を安定させることで軸受の密封性を同等以上にした。