ジェイテクト、インドに軸受け生産拠点を設立 2012年11月に生産開始

新工場完成予想図 ジェイテクト( http://www.jtekt.co.jp )は、インドで初めてとなる軸受の生産拠点として、Koyo Bearings India Pvt.Ltd.(KBIN)にバワル工場を建設し、2012年11月より生産を開始する。

 KBINのバワル工場では自動車用および2輪車用軸受を生産し、日系および現地資本の自動車・2輪車メーカーや建設機械、農業機械等の一般産業機械メーカーへの供給体制を構築する。総投資額は約70億円、工場の竣工は2012年5月の予定。

 ジェイテクトでは、成長著しい中国、インド、南米、アセアンを重点地域として、事業基盤の強化に取り組んでいる。インドにおいては、すでにステアリング事業で現地企業と合弁で現地生産をしており、そこで培ったノウハウを軸受事業に生かす。今後、現地調達の推進による競争力の強化や、軸受と工作機械の営業拠点を統合し、KBINと相互の顧客に最適な商品・サービスを提案するマトッリクス営業を強化し、インドにおける全事業の売上高を2015年に450億円まで拡大する計画。