NSK、電食防止のファンモータ用新素材セラミックボール軸受

NSK「電食防止新素材セラミックボール軸受」 日本精工( http://www.jp.nsk.com )は、エアコンや空気清浄機などのファンモータ用の軸受として、インバータ制御機器の影響で発生する電食による軸受損傷を防止する「電食防止新素材セラミックボール軸受」を開発した。同社では、同品の売上として2013年度に30億円の売上を目指す。

 ファンモータは静音性に加えて省エネのため、モータのインバータ制御化が進んでいる。しかし、インバータ制御では電圧変化に伴い、まれに回転中の軸受の軌道輪と転動体との接触部分に電流が流れ潤滑油膜を通してスパークし、その表面が局部的に溶融し凹凸となる「電食」が発生することがあった。これが原因により軸受からの騒音が大きくなる場合がある。

 同品は転動体に絶縁体であるセラミックを採用することで、軸受内部を通過する電流を遮断し、電食による軸受内部損傷を防止する。また新素材セラミックボールは、軸受内の摩擦を低減し、長寿命化を実現することもできる。さらに、現行の窒化珪素セラミックに対して酸化物系の新素材セラミックを用することで、ボールの生産性を向上した。