NSK、長寿命の鉱山ダンプトラックホイール用軸受

NSK「クリープ防止設計高信頼性円すいころ軸受」 日本精工(NSK、 http://www.jp.nsk.com )は、鉱山で使用されるダンプトラックのホイール用円すいころ軸受として「クリープ防止設計高信頼性円すいころ軸受」を開発した。内輪と軸の間に発生するすべり現象「内輪クリープ」による軸の摩耗を防止する。同品の売上として2016年に10億円を見込んでいる。

 同社は、鉱山ダンプトラック用円すいころ軸受では、転動体の通過の際に高荷重が掛かると内輪に局所変形が起き、これが内輪クリープ発生の要因となることを解明した。このため、内輪の肉厚増加や、ころ数を増やし転動体への荷重を減少させることで、内輪の局所変形を低減し、クリープの発生を抑制した。

 また、内外輪に表面疲労に強い特殊熱処理を施すことで、従来品同等以上の軸受寿命を確保した。これらにより、鉱山ダンプトラック用ホイールのメンテナンス性の向上と高信頼性により、高い生産性を実現する。