不二越、インドにベアリングの生産拠点を新設

 不二越は、モータリゼーションやインフラ整備、産業の近代化がすすむインド市場において、ベアリング事業を本格的に展開するため、ベアリングの生産子会社「ナチ・KG・テクノロジー・インド」(NKTI)を設立し、産業機械用ベアリングと自動車用ベアリングの現地生産・地産地消を開始する。

 新会社は、ドバイに本社を置くKGインターナショナル(KG International FZCO)との合弁企業として立ち上げ、ベアリングの製造・販売を手掛ける。不二越は、NKTIをベースに、成長著しいインド国内の産業機械用ベアリングと、自動車用ベアリングの現地生産を開始することで、インドのベアリング市場におけるNACHIブランドの浸透を図っていく。なお、インドにおける生産子会社の設立は、3社目となる。

 新会社の概要はデリーから南西約120kmに位置するラジャスタン州ニムラナ工業団地に新設する。資本金は6億ルピー(約9.6億円)で、出資比率は不二越51%、KGインターナショナル49%、総投資額は約20億円(~2015年)。従業員は約120名(~2015年末)を予定している。工場は来年3月竣工予定。産業機械用ベアリングと自動車用ベアリングで2015年度に月産100万個の生産を目指す。

不二越の新工場完成予想図不二越の新工場完成予想図