NTN、石川に大型軸受など鍛造部品の新工場を建設

NTNの産業機械用各種軸受 NTN( http://www.ntn.co.jp )は、大形軸受用および産業機械用の高精度鍛造品の生産能力増強を目的に、石川県のNTN志賀製作所に新工場建屋を増設する。、新工場を既存工場に隣接して建設することで、高精度鍛造品の生産能力を増強し、世界各地の大形軸受の需要増加に対応すると同時に、建設機械メーカーや新規顧客向けの販売を拡大する。

 産業機械用軸受の完成品については、新たに中国で生産を始めるほか、欧州や米州の現地生産能力を増強している。また、日本国内では、石川県・能登地区の生産能力を増強し、リスク分散を加速させている。

 NTN志賀製作所は、高い技術力を持つ羽咋丸善より継承した独自の技術で、高精度の鍛造品を各種産業機械に用いられる大形軸受用や、建設機械に使用されるリング用として供給している。新工場は、2012年7月に建設に着工、2013年9月に生産を開始する予定。