NSK、耐泥水性1.5倍のシール付きハブユニット軸受

NSK「高信頼性シール付きハブユニット軸受」NSK「高信頼性シール付きハブユニット軸受」 日本精工(NSK、 http://www.jp.nsk.com )は、従来と同等のシールサイズで耐泥水性を向上させ、過酷環境下での信頼性を高めた「高信頼性シール付きハブユニット軸受」を開発した。新興国をはじめとしたグローバル市場で同品の拡販を図り、2016年に40億円の売り上げを目指す。

 同品は、シールにサブリップを追加し、リップの動きを阻害する泥の浸入を防ぐことで従来比1.5倍の耐泥水性を実現した。 また、従来の高密封シールと同じサイズに抑えることで、ハブユニット軸受のサイズを変更することなく適用が可能。さらに、シールリップの面圧分布を最適化することで、サブリップを追加してもシール全体の摺動抵抗の増加を抑え、従来のハブユニット軸受と同等のフリクションを実現した。