NSK、すべり軸受と比べて摩擦損失が少なく軽量化が図れるシェルニードル軸受

NSK「「高効率シェルニードル軸受」」 日本精工(NSK、 http://www.jp.nsk.com )は、自動車用自動変速機で使用されるすべり軸受と比べて摩擦損失が少なく、軽量化が図れる「高効率シェルニードル軸受」を開発した。自動車の燃費効率向上に寄与する製品として2017年に10億円/年を目指す。

 同品は、設計自由度の高い樹脂保持器を採用することで、ころ数の最適化等による高効率化および軽量化を実現した。これにより、自動車用自動変速機ですべり軸受の代替品としての需要を狙う。具体的な数字としては、すべり軸受に比べて摩擦損失は半減、標準シェルニードル軸受に比べて3割減。重量はすべり軸受に比べて半減、標準シェルニードル軸受に比べて3割減。希薄潤滑下での耐焼付き時間は、すべり軸受に比べて10倍以上となっている。