NSK、食品、医薬品、半導体製造等に用いられるドライオイルフリー圧縮機向け玉軸受

NSK「「高速アンギュラ玉軸受」」 日本精工(NSK、 http://www.jp.nsk.com/ )は、主に食品、医薬品、半導体製造等に用いられるドライオイルフリー圧縮機向け「高速アンギュラ玉軸受」を開発した。同品の売上として2016年度に5億円/年の売上を目指す。

 軸受振動の主な要因は、高速回転時に発生する保持器振動だという。同品では、L-PPS樹脂の採用により従来の銅合金保持器に比べ大幅な軽量化を実現。金属を切削加工した保持器と同等レベルの寸法精度を実現した。加えて、保持器外径面に特殊溝を設けて案内輪との潤滑性を向上したことで、従来品に比べて軸受の振動を最大で40%低減した。

 また、外輪の案内面の面積を半減させ、さらに保持器の質量を大幅に軽量化したことで、軸受の摩擦損失(トルク)を最大30%低減した。

 ドライオイルフリー式圧縮機は、圧縮工程で油を噴射せず圧縮を行うため、吐出空気中に油分が一切含まれない圧縮機。このため、油分の混入を嫌う製品や環境での採用が増えているという。しかし、油を使用しない構造のため、給油式圧縮機と同等の効率を得るには約3~5倍の高速回転で運転する必要があり、騒音・振動や消費電力などの低減が要求されている。今回、この要求に応えるために、同社独自の保持器材料L-PPS樹脂を採用した高速アンギュラ玉軸受を開発し、低トルクと低振動を実現した。