NSK、産業機械向け高機能標準軸受のラインアップ拡充

NSKHPS円筒ころ軸受 日本精工(NSK、 http://www.jp.nsk.com/ )は、設備のメンテナンスコスト低減やダウンサイジングを可能にする産業機械用標準軸受「NSKHPS」のラインアップを拡充した。同シリーズの売上として、2015年度に800億円を目指す。

 環境負荷低減や省エネルギーという社会的要求から、すべての産業機械において設備のコンパクト化、設備能力の最大化や高効率化が進められているという。軸受においては、これら要求に対してさらなる長寿命化、高速化、低トルク化などが必要となる。

 同社では開発設計技術、材料技術、製造技術を駆使し、2004年に自動調心ころ軸受「NSKHPS」を初めて市場投入して以来、順次、サイズの拡充を進めている。さらに、2009年には新たな品種としてアンギュラ玉軸受を追加した。今回、新たに高精度アンギュラ玉軸受、ボールねじサポート用スラストアンギュラ玉軸受、円筒ころ軸受、深溝玉軸受を品種に加え、合計6品種、3万点に及ぶ「NSKHPS」製品をラインアップし、あらゆる産業機械への対応を可能とた。