ミネベア、独・セロベア社を買収ー航空宇宙産業向け特殊ベアリングの新規開発を加速

 ミネベアの米国子会社であるNew Hampshire Ball Bearings, Inc.(NHBB)は、航空宇宙産業、医療機器、半導体製造装置、工作機械等の幅広い用途向けセラミックベアリングおよびハイブリッドベアリングの製造販売を行っているCEROBEAR GmbH(本社:ドイツ・ヘルツォーゲンラート、セロベア社)の全株式をこのほど取得致したと発表した。

 セロベア社は、セラミックベアリングの世界的なリーダー企業として、セラミック材料を用いたセラミックベアリングおよび高性能鋼材を用いたハイブリッドベアリングの設計・製造・販売で20年以上の実績を有している。同社は、欧州および米国の航空宇宙産業、医療機器、半導体製造装置、工作機械、食品パッケージ装置、モータースポーツ等の幅広い用途向けに、内径5mm~外径420mmまでの高速、低摩擦、高耐腐食性や、高温・乾燥状態等の特殊環境下等で高品質が要求される特殊セラミックベアリング及びハイブリッドベアリングを手掛けている。

 一方、ミネベアは、セロベア社と同様に航空宇宙産業、医療機器向けベアリングに強みを持つNHBBと、歯科、医療機器、航空宇宙産業向け特殊ベアリングに強みを持つ欧州子会社myonic GmbH(マイオニック)を保有していることから、セロベア社のセラミックテクノロジーの導入によって航空宇宙産業向けの新たな製品群の創出と、さらなるラインナップの拡充が可能になるという。ミネベアが従来から得意とする極小・小径ボールベアリングに加えて、航空宇宙産業向け特殊ベアリングの新規開発を加速させる。