日本精工、変速機向け固体潤滑被膜付き軸受を開発

 日本精工は、「固体潤滑被膜付き軸受」を開発した。外輪外径面に低摩擦な固体潤滑被膜を被覆することで、自動車のAT やCVT などのトランスミッションケース(ハウジング)内で軸受の外輪が回転するクリープ現象による摩耗を抑制、自動車の信頼性向上に貢献する。2020年に20億円の売上を目指す。

 開発品は、摩擦摩耗調整剤・固体潤滑剤の配合と摩擦摩耗調整剤の粒径を最適化、過酷な環境下でも摩耗しにくい構造とし、耐摩耗性を長期間持続した。

 また、焼成膜を硬化させる際に保持温度が高いと母材の軸受鋼の硬さが低下し耐久性など軸受の機能が低下するため、樹脂バインダーの硬化剤を適正化し低い温度での焼成膜硬化を可能にしたことで、耐久性など軸受の機能低下を防ぐ。

 さらに、焼成膜塗布後の膜の硬化工程で、短時間で硬化する樹脂バインダーを選定し、低コスト化を実現した。
NSK固体潤滑被膜軸受