SEMICON Japan 2016開催

セミコンジャパン
 「SEMICON Japan 2016」が12月14日~16日、東京・有明の東京ビッグサイトで開催された。エレクトロニクス製造サプライチェーンの総合展示会となる同展では今回、「CONNECT」をテーマにIoT関連の製品・技術が多数展示、ベアリング&モーション技術関連では以下の出展があった。

 ジェイテクトは、窒化ケイ素に比べ生産性を高めつつ窒化ケイ素と同等の絶縁性を持つ「新セラミック玉軸受」を展示した。転がり疲れ寿命の評価では計算寿命の3倍以上を、音響値測定では一般軸受と同等の音響値という結果を示した。また、フッ素系高分子固体被膜による軸受全面コーティングによって、現行品に比べ発塵量を80%低減するとともに200℃まで放出ガスが少なく雰囲気圧力への影響が少ない「新クリーンプロベアリング(仮称)」を参考出展した。寿命も現行品に比べ2倍以上に向上した。2017年度中の市場投入を目指す。
ジェイテクト新クリーンプロベアリング(仮称)

 THKは、ボール転動溝を8条列に倍増し小径ボールを採用することでローラガイドに匹敵する高剛性と従来比1/10以下に抑制したウェービングを実現するボールリテーナ入りLMガイド(直動案内)「SPR/SPS」や、中空構造のLMレールとアルミ材採用のLMブロックによって大幅に軽量化、機械の高速化・高タクト化のニーズに対応する「LMガイドLight」を展示したほか、CFRPの採用で大幅な軽量化を実現した「CFK」などを披露した。
THKLMガイド Light

 日本ベアリングは、スライドウェイのローラースリップ防止機能を持たせた世界最小クラスの「NV1形」を展示したほか、オイレス工業との共同開発により、エアベアリングを摺動部に採用したスライドガイド「エアスライドガイド」を参考出品した。エアベアリングにより非接触となるためメンテナンスフリーで使用できるほか、グリースを必要としないためクリーンルームで使用できること、摩擦がほぼゼロのためスムーズに動くことなどをアピールした。
日本ベアリングエアスライドガイド

 藤倉ゴム工業は、ピストンロッドガイド部にエアベアリングを使用することで、非接触でストロークでき摩擦抵抗がない「エアベアリングシリンダACシリーズ」を展示した。非接触のため高速の応答が可能で、さらに高耐久性を実現。また、多孔質金属焼結体エアベアリングの採用によって、従来品よりも高い横剛性と低消費流量を実現した。
藤倉ゴム工業エアベアリングシリンダACシリーズ