ジェイテクト、タイ国内での技能検定の取組みが評価、国家認定の技能検定施策に

 ジェイテクトグループの、タイ国内自動車部品生産拠点JTEKT AUTOMOTIVE (THAILAND)(JATH)が自前で行っていた技能検定の内容と実績がタイ政府に評価され、2017年からタイ政府公認の技能評価システムとして運用されることになった。

 タイ国内にはこれまで国家認定の技能検定がなかったためJATHでは2006年から自前で旋盤技能、保全技能、検査技能の研修と検定を行ってきた。JATHではこの取組みに関して、事業基盤の強化と一層の飛躍を遂げるために、サプライヤーにも参加を広げ、のべ2400名の参加実績を積み上げた。

 この実績と内容がタイ政府に認められ、タイ労働技能開発局と中央職業能力開発協会(JAVADA)とがタイ国内の技能者レベル向上を目的に推進する、技能評価システム普及促進事業に取り込まれることになった。本年1月から講習とトライアルが実施され、JATHはその講師として参画している。

 ジェイテクトではグループビジョンとして「No.1&Only One より良い未来に向かって」を掲げ、その実現のために「価値づくり」、「モノづくり」、「人づくり」を三つの柱として推進しているが、「人づくり」として自社のローカルスタッフ技能者育成だけでなく、タイ国内の技能者のレベル向上に向けた社会貢献活動を推進していく。
研修風景: 技能評価者研修風景研修風景: 技能評価者研修風景