日本精工、道路からインホイールモータへの走行中ワイヤレス給電に成功

 日本精工(NSK)は、東京大学・藤本博志准教授らの研究グループと東洋電機との共同研究において、世界で初めて道路からインホイールモータへの走行中給電による実車走行に成功した。

 環境問題を背景に省エネルギー技術としての電動化、交通事故0を目指した安全技術としての自動運転など、自動車技術が著しく進化してきている。

 NSKはこうしたトレンドの中、次世代の駆動形式としてインホイールモータ(IWM)に注目し、技術開発を進めている。IWMはエンジンなどのパワートレイン部品の削減による車体の軽量化、ホイール毎の駆動力制御、室内空間の拡大が可能となることから、環境性能、安全性能、快適性能を向上できるとして期待されている。

 一方、電気自動車は従来のガソリン車などに比べ充電1回あたりの走行距離が短いことが課題となっている。電気自動車に搭載するバッテリー量を増やさずにこの課題を解決するため、道路から走行中の電気自動車にワイヤレスで電力を送る「走行中給電」が世界的に注目されている。従来研究されてきた走行中給電では、車体の床下に設置したコイルへのワイヤレス給電が想定されており、IWMに適した構成ではなかった。

 そこで研究グループでは、道路からIWMに直接走行中給電する、新しい走行中給電の形を提案、世界で初めて実車走行に成功した。これは、2015年5月に発表したIWMと車体間の配線をワイヤレス化する技術を発展させたもの。

 IWMはホイール近傍の限られた空間に配置されるため、十分な駆動性能と小型化の両立が必要なことから、NSKでは、モータ軸とホイール軸をずらした減速機構造とすることで、駆動性能に必要な減速比を確保しつつ、小型化を実現した「オフセット軸減速機内蔵ハブ軸受ユニット」を開発した。

 同社では共同研究を通じ、オフセット軸減速機内蔵ハブ軸受ユニット、ミニアチュアケージ & ローラ軸受、耐電食軸受など、構成部品の商品化を目指すとともに、自動車の将来技術を捉えた開発を進めていく。
NSKインホイールモータ走行中給電を行う第2世代ワイヤレスインホイールモータ(写真提供:東京大学・堀・藤本研究室)

NSKオフセット軸減速機内蔵ハブ軸受ユニット