ジェイテクト、車軸用軸受が「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」で採用

 ジェイテクトの鉄道車両向け車軸用軸受が、6月17日から運行を開始する「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」(JR西日本)に採用された。

 大量輸送の安全・安心が求められる鉄道車両の車軸用軸受は、大きな負荷に耐えるため、複列のローラータイプ(円筒ころ軸受、円すいころ軸受)が採用されることが多くなっている。また、グリース潤滑タイプの軸受では、軸受内部への異物混入防止や製品寿命の長期化のため、グリースを封入したシール付きの密封型の軸受が使用されている。

 ジェイテクトでは2014年に、ユーザーの多様なニーズに対応した製品を開発する目的で大形軸受技術開発センターを開設。実機仕様や使用環境を考慮した再現性の高い環境の中で、産業機械分野で広く使用されている大形軸受の評価・解析を行っているが、鉄道車両用軸受試験機では、実車走行時にレールから伝わる荷重や振動、カーブを走行する場合に作用する遠心力、レールのつなぎ目による衝撃荷重などを、走行パターンとともに再現できる。

 同社では、こうした鉄道が実際に走行する際の動きの忠実なシミュレーションにより、信頼性の高い軸受を開発・提供、今回「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」での採用が決まったもの。
車軸用軸受採用された車軸用軸受のイメージ
瑞鳳瑞風車両イメージ(写真提供:JR西日本)