ジェイテクト、秋田県に自動車部品向けソフトウェア開発拠点を設立

 ジェイテクトは、秋田県に自動車部品向けソフトウェア開発拠点「ジェイテクトIT開発センター秋田」の設立を決定し、秋田県と立地協定を締結した。

 高度運転支援、自動運転化への対応が急務となっている自動車市場で、同社ではステアリングシステム、駆動系部品のより高度なソフトウェア開発を進めており、電子制御関連の技術者の人材確保が重要となっている。こうした背景から、優秀な人材の地元での就業機会を創出する「Aターンプロジェクト」を推進する秋田県で、ソフトウェア開発拠点を設立することを決めたもの。

 これまで日本をはじめ、世界各地で培ってきた電動パワーステアリング、駆動系部品の制御技術を活かし、より高度なソフトウェア技術の開発を進めることで、自動運転化が広がる自動車産業の発展に貢献するとともに、秋田県での雇用創出と地方創生への貢献を進めていく。