SKF、モロッコ国営鉄道に軸受を供給

 SKFは、モロッコ国営鉄道ONCFから、客車および貨物列車双方に使用する車軸軸受15000個を受注した。この軸受供給の契約は3年間にわたるもので、SKFがONCFの厳しい技術仕様を満たしている上、3ヵ月のリードタイムで認証取得済みの車軸軸受を供給可能な体制にあることから、サプライヤーとして選定されたもの。
SKF

 ONCFに納入されるユニットには、SKFの球面ころ軸受が含まれる。この軸受は、軌道面が球面状に加工された外輪に2列のころを有し、内輪の軌道面は軸に対して傾斜している。通常、鉄道車両用としては、この2列ころの軸受は2個セットで使用されるが、設計の自由度を高める目的で、一列の球面ころ軸受が軸箱に組み入れられることもある。これらの軸受構成はいずれも、ミスアライメントおよび軸のたわみに対する耐性に優れている。

 鉄道用の認証を受けたSKFの球面ころ軸受は負荷容量が高いため、重量の大きくなる貨物列車用として特に有利で、さらに軸受の保持器設計を新しくしたことで、信頼性と実用寿命が向上しただけでなく、アフリカ大陸に典型的な高温の厳しい気候条件に対する耐性も高めている。