日本精工、静音スラストニードル軸受を開発

 日本精工は、自動車の電動化ニーズを支える「静音スラストニードル軸受」を開発した。開発品は、静音化技術によって電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)のモーター走行時の快適性向上などに貢献する。同社では、同製品の売上として2021年に年間15億円を目指す。
NSK

 自動車分野では近年、グローバルに環境への対応が求められ、EVやPHVなどの普及が加速している。こうした中で、従来はエンジン音により目立たなかった小さな音が、モーター駆動走行時に目立つようになっている。 このため同社では、変速機構をはじめとする各種アプリケーションに多数使用されているスラストニードル軸受の静音化に取り組んできた。

 開発品では、スラストニードル軸受の構成部品の 「ころ」、「レース」、「保持器」を改良。ころの真円度向上とレース凸形状の採用により、ころの転がりの音を低減したほか、樹脂保持器の採用によってレースやころとの接触による音を低減。発生する音を音圧値で約10%静音化することを実現している。

 開発品は、EVやPHVのモーター走行時の静音性向上に寄与し、自動車の電動化に貢献する。