NTN、3月1日創業100周年迎え、大久保社長が挨拶

 NTNは3月1日、創業100周年を迎えた。同社大久保博司社長の創業100周年の挨拶文を発表したので、以下に全文を紹介する。
18030101NTN

 なお、大久保社長の動画メッセージは以下で閲覧できる。
http://www.ntn.co.jp/japan/news/press/news201800011.html

創業 100 周年 ご挨拶

 平素より大変お世話になり、厚く御礼を申し上げます。

 NTN は、本日 3 月 1 日に、創業 100 周年を迎えることができました。これもひとえに皆さまからの長年にわたるご愛顧とご支援の賜物であり、心から感謝を申し上げます。

 NTNは、1918年、当時の工業発展に欠かせない技術であったボールベアリングの研究開発に着手し、事業を開始しました。創業者である丹羽昇と西園二郎が大切にしておりました、開拓者精神と共存共栄精神という 2 つの精神を持って、皆さまとともにさまざまな困難を乗り越え、事業を発展させてまいりました。この創業者の思いは、「新しい技術の創造と新商品の開発を通じて国際社会に貢献する」という当社の企業理念に込められております。

 今、社会、ビジネスを取り巻く環境はめまぐるしく変化するなか、私たちだけが発展しても、
社会が成り立たなくては意味がないと考えています。そのようななか、次の 100 年も生き残り、社会に貢献していくために、NTNはこれまでの自分たちから「トランスフォーメーション、変革」することに取り組んでいます。

 ハリウッド映画にも、クルマや飛行機がロボットにその形を変えて活躍するというものがあります。チェンジではなくトランスフォーム。リソースは同じでも全く違ったものに形を変える。
私たちは自分たちのポテンシャルを最大限に発揮し、これまでとは違う新しい姿でも社会に貢献していきたいと強く思っています。

 今回の 100 周年を機に「世界をなめらかにする仕事。NTN」というコミュニケーションワードを打ち出しました。私たちは、ベアリングをはじめ、機械をなめらかに動かす商品をこれまで世に送りだしてまいりました。これからも身の周りの生活や社会をもっとなめらかにしていくことが、私たちNTNの使命であると考えています。

 皆さまとは、「なめらかな社会の実現」に向けて、共に歩み、共に発展していきたいと思っておりますので、これまで同様に変わらぬご愛顧やご支援を心よりお願い申し上げます。

NTN株式会社 代表取締役社長
大久保 博司