ONYX InSight社、5/18に「ギアボックス テクニカルセミナー」を東京で開催

 ONYX InSight社(旧社名:Romax InSight)は5月18日の10時~17時に、東京都港区のザ・プリンスさくらタワー東京で、工業用ギアボックスの予知保全や潤滑技術をテーマにテクニカルセミナーを開催する。

 今回のセミナーでは、風力発電および重工業、工作機械、建設機械など主要な産業の工業用ギアボックスについて、そのデザインから不具合、さらには予知保全技術、潤滑技術に関する同社の思考とアプローチについて紹介される。当日はまた、カストロールからこれらの産業分野で多くの実績を持つ高性能潤滑剤の紹介もなされる。

 英国に本社を置くONYX InSight社は、風力発電タービンのギアボックスに使用するギアオイルやグリースをCastrolブランドで世界的に供給している英国BP社と、回転機械のデザイン・管理で実績を持つRomax社が2017年に共同出資したRomax InSight社の新社名。同社は風力エネルギー市場において、革新的なソフトウェアによるデータ解析および回転機械分野での高い技術力を併せ持ち、風力発電分野を始め重工業、工作機械、建設機械の分野において、予知保全サービスのグローバルな事業展開を始めている。

 本セミナーの申込・問合先は以下のとおり。

BPジャパン株式会社(ONYX InSight社提携パートナー)担当:古郡(ふるごおり)、針生(はりう)
Tel:03-5719-7200 E-mail: industrial_japan@se1.bp.com