NTN桑名製作所、ベアリング業界初、労働安全衛生の日本版規格に認証登録

 NTNの製造拠点である桑名製作所はこのほど、中央労働災害防止協会(中災防)より、日本版労働安全衛生マネジメント規格JIS Q 45100の認証を業界で初めて取得した。
181213NTN: NTN桑名製作所181213NTN: NTN桑名製作所

 本年9月28日に発行されたJIS Q 45100は、労働安全衛生マネジメントの国際規格ISO45001に、4S(整理、整頓、清掃、清潔)活動や危険予知(KY)活動といった職場で日常的に行われている安全衛生活動や、昨今、より高い関心を集めている働く人の健康確保の取り組みなど、日本的な活動を要件に加えた日本独自の規格。

 NTN桑名製作所は、中災防の審査により、本年1月に国際基準のISO45001認証を取得している。今回、認証維持審査のタイミングに合わせて、適用規格が引き上げられ、ベアリングメーカーとして初となるJIS Q 45100の認証登録を受けた。

 NTNは、世界で関心が高まる環境(Environment)、健康・衛生(Health)、安全(Safety)分野を一体的に推進するため、本年10月にEHS(環境・労働安全衛生)統括部を新設。国内の他事業所でも、労働災害防止の実効性を一段と高める指針として期待されるJIS Q 45100規格の認証取得を推進するとともに、海外においても国際規格であるISO45001の認証取得を推進し、グローバルで継続的に従業員の労働安全意識の向上を図っていく考えだ。