NTN、「2019年ツアー・オブ・ジャパン」に冠協賛、各ステージで「NTN 回る学校」を併設

 NTNは、5月に開催される国内最大規模の国際自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン(TOJ))に冠協賛する。本大会に冠協賛するのは、2017年、2018年に続き3年目。今回もまた各ステージで、環境や省エネルギーについてワークショップや技術体感アトラクションを通じて楽しみながら学んでもらうイベント「NTN 回る学校」を併設する。

19012201NTN昨年のTOJ開催風景 PHOTO:TOJ2018

 TOJ ( http://www.toj.co.jp/ )は、UCI(国際自転車競技連合)公認の国内最高峰の国際自転車ロードレース。今年は5月19日の堺ステージ(大阪府)から、5月26日の東京ステージ(東京都)まで8日間にわたり、全8ステージで開催される。昨年のレースには世界からトップクラスの選手が所属する16チームが参加し、8日間で約35万人の観客を動員した。

 NTNは、事業を通じて社会的課題の解決に貢献するとともに、社会に新しい価値を提供することにより、「なめらかな社会」の実現を目指している。国連の定める「持続可能な開発目標(SDGs)」についても、世界各地における地域社会との交流や社会貢献活動など環境保護や次世代育成に向けた積極的な取り組みを展開している。

 本大会への協賛を通じて大会を盛り上げるとともに、子どもたちをはじめ地域の人々に環境や省エネルギーについて楽しみながら学んでもらうイベント「NTN 回る学校」を開催し、地域の活性化と次世代育成に貢献していく。

19012202NTN昨年のNTN回る学校の開催のもよう