イグス、スピーディで安全な自動化を実現するケーブル保護管の新ソリューションを開発

 イグスは、インダストリー4.0で生産の自動化が進む中、確実で省スペースのエネルギー供給ソリューションへの要求が高まってきていることに対応して、高速の長いストローク用に革新的な横置きサイド型のケーブル保護管「エナジーチェーン」を安全にガイドする「プレーンチェーン」を開発した。特別に設計された新型ガイドチャンネルに横置きのエナジーチェーンを装備することで、省スペースでフェイルセーフなエネルギー/データ供給を実現する。

kat19051308プレーンチェーン

 自動車産業をはじめ生産現場では現在、リニアロボットやガントリー、あるいは産業用の7軸ロボットなど、様々なロボットが活躍している。これらのロボットには、限られたスペースや長いストロークで常に確実・スピーディに動作することが求められるため、エネルギーやデータの確実な供給が必要不可欠。

 自動化に向けイグスが今回新たに開発したプレーンチェーンシステムは、高速・高頻度の用途で最大限のフェイルセーフを確保した運転を実現する。この新たなコンセプトでは、横置きサイド型のエナジーチェーンが特別なガイドチャンネルに配備されている。

 凸型形状のガイドチャンネルに設けた2本の窪みの中をE6型のエナジーチェーンが安全に走行し、摩擦係数が低いステンレス製ガイドチャンネルがエナジーチェーンの長寿命を確保する。また、設置高さが低く省スペース化が図れる。

 ガイドチャンネル外側にオプションの特殊プラスチック製の防音層を装備すればシステムの防音性を高めることが可能で、このエナジーチェーンは軽量部材を採用しているため、天井の下のリニアロボット用に容易に取り付けられる。

 ユーザーの要望に応じて、完全密閉型のプレーンチェーンも利用可能となっている。外部からの影響がなくなるため、稼働時の信頼性が大幅に高まる。プレーンチェーンは自動化での採用が検討できるほか、密閉型はクレーンのエネルギー供給にも適している。耐食性のあるガイドチャンネルが、風雨による損傷からケーブルとエナジーチェーンを保護する。

kat19051309横置きエナジーチェーンを安全にガイドするプレーンチェーンのイメージ