黒田精工、Jena Tecグループ買収により直動関連機器とスピンドル製品の共通ブランド

 黒田精工( http://www.kuroda-precision.co.jp/ )は、2012年11月のJena Tecグループ(Jenaer Gewindetechnik GmbH, Jena Rotary Technology Ltd, Jena Tec Inc.)買収による経営統合のステップとして、直動関連機器とスピンドル製品の共通ブランドを新たに立上げ、2013年7月より販売を開始する。

 新しいブランドは、これまでの両社の伝統と実績を反映するとともに、今回の統合により生み出されるグローバルなサプライチェーンとシナジーを表現するために、「KURODA JENA TEC」とした。この新しいブランドの下に、両社の技術やノウハウ、商品を結集し、生産面での最適化を進め、世界的な供給網とサービス体制を構築する。

 営業体制としては、ヨーロッパにおいては引き続き従来のJena Tecグループの組織を通じて顧客サービスを行う。黒田精工からの新たな商品群の供給により、品揃えは拡充されることとなる。北米においては、両社の組織を近日中に統合し、共同で両社の商品群の販売とサービスを行う。

 また、日本を含むアジア地域においては、黒田精工の組織を通じて両社の製品の販売とサービスを提供する。今回の統合により、欧米での工作機械、医療、自動化の分野や保守サービスにおけるJena Tecグループの経験と商品・サービスが加わり、顧客に一層の付加価値を提供する考え。

 なお、黒田精工の直動関連機器以外の商品については、従来どおり黒田精工/KURODAブランドでの販売を継続する。

ロゴ