ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt」5月号「特集:自動車」「特集:食品加工」が発行!

表紙s ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt(ベアリング&モーション・テック)」の第12号となる2018年5月号が5月25日に小社より発行された。

 今号の特集は「自動車」と「食品加工」。「自動車」特集では、潤滑油および潤滑油添加剤、ピストンリングなどピストン系、エンジンベアリングなどクランク系、チェーンなど動弁系など、自動車の燃費低減に向け摩擦損失低減を実現する技術の動向を取り上げている。また、「食品加工」特集では、加工プロセスの生産性を高めつつ「食の安全」を確保するための食品生産機械や、ベアリングなどの機械要素技術、潤滑技術、無潤滑技術などを広く紹介している。

180622NTN03 NTNは、外観検査の高速・高性能化と省スペース化を実現する手首関節モジュール「i-WRIST」の量産を本年8月から開始する。今回、自動車部品メーカー、産業機械部品メーカー向けの外観検査用途として量産を始めるが、今後はグリース塗布装置、洗浄装置、塗装装置など人手に頼っている作業の代替用途にも展開していくことで、2020年度に5億円/年の販売を目指す。

180618ハイウィン ハイウィンは、最大16軸を完全同期制御できるプログラマブル多軸モーションコントローラ「HIMCシリーズ」(モーション制御周期:250~1000μs、メモリ容量:10MB)を開発、販売を開始した。本コントローラと自社製の各種モータおよびドライバを組み合わせることで、あらゆる同期制御システムの構築が可能になる。

18061501イグス イグスは、ロボットに装備されるケーブル保護管「エナジーチェーン」用に2種類のPUR外被ハイブリッドケーブル「CFSPECIAL.792.015」と「CFSPECIAL.792.016」を開発した。