ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt」11月号が25日に発行

bmt2016年11月号表紙 ベアリング&モーション技術の総合情報誌「bmt(ベアリング&モーション・テック)」の第3号が11月25日に小社より発行された。今号の特集は「航空機」と題して、国産初のリージョナルジェット旅客機の先進技術や開発状況、ジェットエンジンの軸受不具合を未然に防止する潤滑油の先進モニタリング技術、軸受応用技術のトラクションドライブ式変速機を利用した航空機用発電機の技術、過酷な条件下で使用されるジェットエンジン用軸受における信頼性向上のための技術対応などについて紹介している。
 また、キーテク特集では、様々な問題を多方面にわたりシミュレートすることで試作や実験の回数を減らすなど、ものづくりでの研究・開発工程の効率を高める解析事例を紹介している。

会場 日本工作機械工業会は11月17日~22日、東京・有明の東京ビッグサイトで「JIMTOF2016(第28回日本国際工作機械見本市)」を開催した。生産性を高度に高めるスマートマシンとIoTとを融合させた様々なソリューションが出展される中、多数のベアリング・モーション関連技術が披露された。

会場 オリエンタルモーターは、10月から11月にかけてプライベート展示会「モーターフェア2016」を6都市で開催、11月22日には東京・秋葉原で開催した。同社のモーターやアクチュエータ製品に触れてFA のヒントを感じてもらうことを目的に、ユーザーの近くの都市で開催、「Growing your motion」をテーマに開催された。

TC123 滑り軸受のISO/TC123国際会議が10月26日~28日、BSI(英国規格協会)主催により、ロンドンのBSI会議室で、7ヵ国33名の出席のもとに開催された。日本からは規格案7件と計算法に関する分科委員会SC8設立の提案がなされた。