ナブテスコ、航空機器事業のアクチュエーター工場を新設

 ナブテスコは、現在岐阜工場(岐阜県不破郡垂井町)敷地内に建設中のEHSV(電気油圧サーボバルブ:FCASに使用される中核部品)専用工場および表面処理工場に続き、アクチュエータ工場を新設する。

 同社は、岐阜工場において機体の飛行制御システム『フライト・コントロール・アクチュエ
ーション・システム』を中心に航空機向けの各種装備品を生産している。新設するアクチュエータ工場は、新たに取得する約20,000m2の土地に建設予定であり、建屋面積は約7,200m2、2018年度の完成を目指している。現在開発中の「ボーイング737 MAX / 777X」、「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」向け製品の量産対応に加え、将来見込まれる需要拡大を見据え、高自動化生産ラインを設ける等、材料から完成品までの一貫生産体制を構築し、品質・生産性の大幅向上を追求する。また、地中熱や太陽光発電等の先進環境技術を積極的に採用しCO2排出量を50%以上削減し、環境性能の飛躍的向上を図る。