ダイセル・エボニック、PEEK樹脂が世界最小ピッチのオール樹脂モジュラーチェーンに採用

 ダイセル・エボニックのPEEK樹脂「ベスタキープ-J」が、ツバキ山久チエインが世界で初めてオールPEEK樹脂で製造した世界最小ピッチ(4.5mm)のプラスチックモジュラーチェーンに採用された。

 従来、PEEK製プラモジュラーチェーンをつなぐピン材には金属が使用されてきたが、今回ツバキ山久チエインが開発したオールPEEK製プラモジュラーチェーンでは、リンク材だけでなく、ピン材にも高い剛性を持つダイセル・エボニックのPEEK樹脂ベスタキープ-J が採用され、これまで以上の軽量化を実現している。

 また、金属部品を含む従来の搬送チェーンでは、搬送中の食品などへの金属異物の混入を金属探知機で検知することができなかったが、オールPEEK製として金属部品を排除したことで、搬送中の製品や、食品などへの金属混入を金属探知機で検査する工程での使用を可能にし、様々な生活用品や食品などの安全性向上にも貢献できる。

 フッ素が配合されたピン材のベスタキープ-J は、より高い摺動性を発揮し、駆動時
に静粛性を必要とする環境下での使用に適している。 加えて、潤滑剤も不要になるため、ドライでクリーンな環境を実現する。

 同PEEK樹脂は、その高強度、高摺動、高耐熱性に加え、高い耐薬品性と低いアウトガス性から、スチームを利用した調理器具や香りを必要とする商品の製造工程への応用のほか、半導体製造装置、医薬品製造工程、原子力関連分野などの多様な搬送用チェーンへの応用が見込まれている。
ダイセル・エボニック搬送チェーンすべてPEEK樹脂「ベスタキープ-J」で製造された世界最小ピッチのプラモジュラーチェーン(提供:ツバキ山久チエイン)