ジェイテクト、Top 100グローバル・イノベーター賞を3年連続受賞

 ジェイテクトは、クラリベイト アナリティクス社が主催する、世界で革新的な企業・機関を選出する「Top 100グローバル・イノベーター 2017」に選出されました。本件は、一昨年の初受賞から3年連続の受賞となる。

「Top 100グローバル・イノベーター」は、クラリベイト アナリティクス社が独自に保有する特許関連のデータを基に知的財産・特許動向の分析を行い、優れた研究開発活動、知的財産管理を行っている企業や機関を表彰する賞。2011年に始まって今回で7回目の発表となり、その選定基準は以下の4点。

1.数量 : 特許取得件数 (直近5年間の特許を取得した件数)
2.成功率: 特許出願した中で登録に至った割合
3.グローバル性 : 主要市場(欧州、米国、中国、日本)における基本特許の取得数
4.影響力: 出願した特許の他社発明における引用度

 ジェイテクトが選出された理由について、クラリベイト アナリティクス社は「四つの基準のうち、成功率と影響力において高いスコアを獲得しており、このことが今回の選出につながったもの」と評価している。

 なお、今回選出された 100 社のうち、日本の企業は37社(前回は34社)を占め、世界最多の選出件数となっている。

 ジェイテクトでは、グループビジョン「No.1&Only One-より良い未来に向かって-」に則り、自動車部品、軸受 、工作機械それぞれの事業領域で次世代の製品 ・技術の積極的な研究開発を進めていくほか、そこから生み出される知的財産のグローバル市場における活用と保護についても、引き続き積極的に取り組んでいく考えだ。