ジェイテクト、鉄鋼設備焼結機パレット台車用の長寿命軸受ユニットを開発

 ジェイテクトは、鉄鋼設備の中でも、焼結機のパレット台車に使用される軸受やオイルシールのユニットについて、第一世代よりも各アイテムの密封性や強度を高めた第二世代を開発、ユニット寿命を1.5倍~2.5倍に延ばすことに成功した。これにより、メンテナンス周期の長期化、信頼性の向上を実現し、ユーザーの生産性向上へ貢献する。

 鉄鋼設備焼結機パレット台車の回転部分に使われるユニットは、車輪用軸受、中間シール、加圧ローラ用軸受の3点からなり、各軸受は同社国分工場で、オイルシールは同社子会社の光洋シーリングテクノで製造する。国内外の鉄鋼メーカーに販売し、3.5億円/年の売上を目指す。

180228ジェイテクト1

 鉄鋼製品を高品質に安定して供給するには鉄鋼設備の高信頼性、高効率化、安定稼働が不可欠で、製鉄の最上流工程の一つである焼結機においては近年、生産効率向上を目的にパレット台車の拡幅(積載量増)や焼結時の熱伝導効率改善が盛んになっている。このため、パレット台車に使用される軸受への負荷は増加する傾向にあり、ユーザーの使用環境に適した軸受の開発が求められていた。

 パレット台車に使用される軸受の現状の課題としては、①拡幅に伴う積載量増大による負荷荷重の増大、②排鉱時の衝撃荷重の増大、つまり耐衝撃性・強度向上への要求、③粉塵等の異物侵入による軸受損傷、④極低速回転による油膜形成の困難さ、つまり密封性向上への要求、などがある。

 こうしたニーズに対して開発したユニットでは、パレット台車がレール上を走行している際の荷重を支える「車輪用軸受」には密封型複列円すいころ軸受を採用、軸受-シール一体構造による密封性向上を図った。

 また、 車輪用軸受のすきまからの異物侵入を抑制する「中間シール」では特殊シール構造を採用、専用設計の多重リップによる異物浸入抑制機能を強化した。

 さらに、スプロケットホイールの噛み合いに使用される「加圧ローラ用軸受」には密封型外輪強化複列円すいころ軸受を採用、外輪肉厚の最適化によって外輪強度を向上した。

180228ジェイテクト2

 これによって、従来のユニットに対し、交換周期比を1.5~2.5倍に延ばすことに成功している

 ジェイテクトでは軸受・シールを含めた一体構造設計が可能なことから、今後も、それぞれのアイテムを改良してパッケージとしてご提案することで、ユーザーの安定操業に貢献していく。