NTN、福島県へハイブリッド街路灯3基を寄贈

 NTNは、創業100周年事業における地域社会との共生に向けた施策の一環として、防災・防犯対策や地産地消型再生可能エネルギーの提案を目的に、風と太陽光を利用して発電する「NTNハイブリッド街路灯」を福島県に3基寄贈した。

18041601NTN福島空港公園(緑のスポーツエリア)に設置された「NTNハイブリッド街路灯」

 同社は本年3月1日に創業100周年を迎え、国内5地域に計17基の「NTNハイブリッド街路灯」の寄贈を行っている

 福島県では同社は、自然エネルギー商品の一つである「NTNマイクロ水車」の開発において、県内の農業用水路で実証試験を行うなど、地元関係者から多くの支援と協力を得ていた。

 今回寄贈した「NTNハイブリッド街路灯」は、福島空港の北西部に位置する福島空港公園の緑のスポーツエリアの正門前をはじめ3ヵ所に設置。福島空港公園の緑のスポーツエリアは、テニスコートや野外活動広場を備え、県内から来場者がある場所。寄贈した3基は、施設内の防災照明灯や非常用電源として活用される予定だ。

 4月11日に福島県庁で寄贈式が行われ、福島県の畠 利行副知事に対しNTNの井上博徳副社長から目録が贈呈された。畠副知事は「設置いただいた福島空港公園の利用者の利便性向上や再生可能エネルギー普及の啓蒙に大切に使わせていただきたい」とコメントした。

 NTNは今後も、「NTNハイブリッド街路灯」をはじめ、さまざまな自然エネルギー商品を開発し、持続可能な社会の発展に貢献していく考えだ。

18041602NTN寄贈式で(左から):石川浩二 NTN 自然エネルギー商品事業部長、畠 利行 福島県副知事、井上博徳 NTN井上代表取締役副社長、大島哲雄 大島工業(NTNの協力会社)社長