NTN、中国FSAT社と戦略的パートナーとして調印

 NTNは、インホイールモータ駆動システム(IWM駆動システム)と車両運動制御技術(i2-Drive System)を搭載した新エネ車の開発・量産に向けた技術支援を行うため、中国自動車設計・製造メーカーの長春富晟汽車創新技術(FSAT社)とライセンス契約を締結した。NTNは4月27日に、中国の北京中航悦酒店においてFSAT社、ならびに戦略的パートナー企業が出席した調印式に出席し、調印した。

 調印式では、NTNとFSAT社の双方の代表者、ならびFSAT社と戦略的パートナー10社が調印した。FSAT社の劉 蕴博総経理は「開発を進めてきた車は、軽量化や電動駆動技術などにおいて、先進的なレベルに達することができた」と新エネ車の量産化に向けた意気込みを語った。

 また、NTNの大久保博司社長は、「長年切望していた世界で初めてのインホイールモータを搭載した電気自動車の量産化が実現する」と今回の戦略的パートナーとしての調印への思いを語った。

180509NTN01挨拶する大久保博司NTN社長

 その後、FSAT社の劉 蕴博総経理と、NTN取締役でEVモジュール事業部長の梅本武彦氏が調印を行った。

 NTNが開発したIWM駆動システムと車両運動制御技術「i2-Drive System」を搭載した新エネ車は、FSAT社によって2019年の量産化が予定されている。NTNでは、「独自技術の開発を通じて、自動車の安全性や快適性の向上とともに、低炭素社会の実現に貢献していきたい」としている。

180509NTN02調印を終え、握手を交わすFSAT社総経理・劉 蕴博氏(左)と、NTN取締役 梅本武彦氏(右)