NSK、耐水グリースを使用したハブユニット軸受を開発

 日本精工(NSK、 http://www.jp.nsk.com )は、耐水グリースを使用した自動車用ハブユニット軸受を開発した。新興市場を中心に拡販し、2014年に20億円の売り上げを目指す。

 昨今、需要が拡大しているBRICsなど新興市場では、劣悪な道路環境により雨季には道路が冠水することがある。ハブユニット軸受は、ホイール車体の部品とベアリングを一体化した軸受。車両の中でも路面に近い位置に取り付けられ、過酷な泥水環境の中で使用されることにより、軸受内部に水が浸入する恐れがある。

 グリースは、軌道面とボールの間に油膜を形成し金属接触を避けることで摩耗やクラックを防止している。これまで、軌道面とボールの間に水が浸入することで、油膜が形成されにくくなり軸受寿命が低下させる恐れがあった。同社では、グリースの添加剤技術で水の無害化技術を開発。仮に軸受内部に水が浸入した場合でも軸受寿命を低下させ難くするという。