NTN、米国でドライブシャフト用部品の旋削・熱処理の新工場設立

 NTNと高雄工業株式会社、高周波熱錬株式会社の3社は、米国でのドライブシャフト用部品の生産能力の増強を目的に、3社の合弁会社となるNTK Precision Axle社(NTK)の第2工場をインディアナ州アンダーソン市に新設することを決定した。本年4月から順次着工し、2018年4月から量産を開始する予定だ。
NTKNTK第2工場完成予想図

 NTNは、中期経営計画「NTN 100」の基本方針の一つに「稼ぐ経営」を掲げ、その重点施策として「ドライブシャフト事業の構造改革」に取り組んでいる。その取組みでは、需要地での現地調達率を高めることで為替変動や事業環境の影響を抑え、収益改善に注力している。

 今回、米国の堅調な自動車需要を背景にドライブシャフト用部品のシャフトの旋削・熱処理加工を担ってきたNTKの能力増強を目的に、第2工場新設を決定した。新工場は、2015年に設立したドライブシャフトの完成品工場NTN DRIVESHAFT ANDERSON社(NDA)の西側土地に建設、シャフトの旋削、熱処理加工を行う。

 NTNでは新工場設立により、これまでの米国でのフル生産に加えて国外・外部から調達していたシャフトの生産集約を図ることで、コスト競争力を強化するとともに、供給体制の安定化による「顧客満足度世界No.1の“NTNのドライブシャフト”」に向けた変革を加速していく考えだ。