NTN、中国国際工作機展示会に出展

 NTNは4月17日~22日、中国 北京市の中国国際展覧中心(新館)で開催される「第15回中国国際工作機展示会 CIMT 2017」に出展する。
NTN中国工作機械展

 今回は『Navigate your future~NTN ULTAGE~』をテーマに、工作機械用精密転がり軸受「ULTAGE(アルテージ)」シリーズ商品をはじめ、工作機械向けの商品や技術などを以下のとおり展示する。

・工作機械用精密転がり軸受ULTAGEシリーズ…工作機械に求められる高効率加工、高信頼性、高品位加工、環境指向に対応した精密軸受。軸受内部設計の最適化や、特殊材料・表面改質、特殊グリース、両側シールの採用などによって、優れた能力を発揮。

・ULTAGE工作機械主軸用小径高速アンギュラ玉軸受…圧縮空気による冷却と防塵機能を阻害せず、軸受内にグリースを多く保持する新設計シールを採用し、グリース保持性の改善と圧縮空気の流れやすさを確保。加えて、グリースの封入位置や量を工夫し長寿命を実現するほか、軸受軌道面の精度を高める加工法を採用して従来比約50%の振動低減を実現。

・工作機械主軸用空冷間座付軸受…工作機械主軸用軸受に独自の空冷技術を適用した「空冷間座」を採用することで、高速回転時の内輪と外輪の温度差を低減。これにより、従来品(超高速アンギュラ玉軸受)と比べ高速回転性能が20%向上、エアオイル潤滑・定位置予圧でdmn値(軸受ピッチ円径(mm)×回転速度(min-1))で210万を達成し、世界最高水準の高速回転性能を実現。

・工作機械主軸用「高速アンギュラ玉軸受:HSE-新T2タイプ」…樹脂材料および保持器ポケット形状の見直しにより、従来品と比べ高速回転性能が最大50%向上、dmn値160万を達成。フェノール樹脂製保持器を採用していた高速回転領域においても、ポリアミド樹脂製保持器の適用が可能。

・工作機械主軸用軸受技術計算システム…精密転がり軸受を対象に、主軸の剛性や軸受寿命などをユーザーが短時間で自動計算できるシステム。主軸レイアウトを10パターンから13パターンに増やし、セキュリティレベルも向上。工作機械の開発リードタイムの一層の短縮に貢献。