NSK、NSFカテゴリーH3のグリースを封入した転がり軸受

NSK「スペーシアシリーズ」 日本精工(NSK、 http://www.jp.nsk.com )は、グリース成分が100%食品由来である潤滑グリースを開発、同グリースを封入したステンレス製転がり軸受をスペーシアシリーズとしてラインアップした。

 今回開発したグリースは、基油、増ちょう剤、添加剤といったグリースを構成するすべての成分が食品由来であり、米国食品医薬品局(FDA)が定める安全性が認められているGRAS (Generally Recognized As Safe)物質のみで構成されている。また、公衆安全衛生の分野で国際的に認められた米国の認定機関NSF(National Sanitation Foundation International)のカテゴリーで最も安全性が高いH3に登録された。さらに、自然環境下での微生物による生分解性に優れ、有害な廃棄物も発生しないため、環境汚染もないという。

 基油には耐熱性に優れる食用植物油を、増ちょう剤には基油の保持性に優れる微細な三次元網目構造の食品添加剤を採用し、さらに基油の耐久性能を向上する最適な食品添加剤を配合することで、従来品よりも、酸化安定性に優れ、低摩擦損失で、水に曝されるような環境でもグリースの漏れが少ない耐久性に優れる転がり軸受を実現した。